remember 3.11 ポスター展



大手通りに昨年できたばかりの公共施設「フェニックス大手 イーストスクエア」にて、ヴィジュアルデザインコース3年生が制作したポスターを35点、展示しました。それらのテーマは「remember 3.11」。

東日本大震災が起きてから1年以上が過ぎましたが、最近は当初と比べ、人々の頭の中からその記憶が少しずつ薄れて来ているように感じます。しかし、おおよそ8年前に中越地震を経験した私たちは、そのことを決して見過ごすことができず、何とか人々の心に災害の記憶を止めたい一心で、そのことを学生たちにも伝え、彼らはこれらのポスターを制作しました。たった1ヶ月しか制作期間がありませんでしたが、建築・環境デザイン学科の防災研究の先生から直接レクチャーを行っていただき、その甲斐あって、被災地に実際に赴いた学生も数多く出ました。その結果、メディアの情報だけに頼らない、非常にリアリティに富んだ素晴らしいポスター作品が数多く生まれました。
実は4年生の一部にも同じテーマでポスターを制作してもらいましたので、途中入れ替えを行い、3年生作品と共にみなさんに観ていただきたいと思います。

「remember 3.11 ポスター展」展示期間は、3年生作品が7月9日(月)まで、そして4年生作品が、7月10日(火)から7月20日(金)までとなっています。観覧可能時間は午前9時から午後9時までで、入場は無料ですので、ぜひご覧になってください。

(担当教員:長瀬公彦)