視覚デザイン学科作品展示 設営

視覚デザイン学科の4年生で「視覚デザインプロジェクト演習」という授業があります。この授業は各研究室毎で進められ、その結果を学内に展示して終わりとなります。半年後の卒業研究も発表と展示が大切ですが、その前段階といったところです。7/15と7/16に作品の設営を行いました。
その時の様子です。

先生の指示で作品を設営する場所や高さを決めて行きます。


作品と作品の感覚を調整しながら壁面に作品を展示します。


コンピュータを使った作品では直前まで作品の調整をしています。コンピュータを使った作品では制作に使っていたコンピュータと展示に使うコンピュータのスペックの違いにより再生速度の調整が必要になることがあります。