デジタルバックデモ その2

先週に引き続き、デジタルバックのデモが映像スタジオで行われました。
今日はマミヤ・デジタル・イメージング株式会社 福澤強志さんによるデモです。

カメラは「マミヤ645DF」、デジタル専用に特化することにより、使い勝手や性能を大幅に高めたモデル。
デジタルバックは「DM40」、44×33mmの大きなセンサーに4000万画素の高解像度を誇ります。

まずは福澤さんによる、デジタル一眼レフカメラとデジタルバックの中判フォーマットのセンサーサイズの違い、それによる画質の大きな違いをレクチャーして頂きます。


その後実際に撮影デモが行われます。

デジタル一眼レフをはるかに凌駕する高画質ながら、デジタル一眼レフ並みの使い勝手が心地いいです。

そして撮影画像は、撮影後すぐにiPhoneやiPadに送り表示できるのです。
これには学生もおおはしゃぎ!


続けて、学生による実際に「マミヤ645DF」「DM40」を使用しての撮影も行われました。
デジタル一眼レフとの撮り比べも行われ、その画質の違いは一目瞭然。
今日も学生達にとってとても興味深く、また勉強になった一日でした。