インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル(ICAF)を見学しました

ICAF受付/入口



今週末に原子先生と一緒にインター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル(ICAF)に見学に行って来ました。全国の学生がそのアニメーションフェスティバルに参加できますが、今年は関東地方と関西地方の大学しか出展しませんでした。一年の間に制作した学生作品が東京と京都の両方の会場で上映されます。京都の上映会は10月になりますが、今回、東京の国立新美術館の高級な展示スペースで色々な表現と様々な技術の作品を鑑賞できました。非常に楽しかった!

ICAF会場の雰囲気



長岡造形大学で制作したアニメーション作品も全国に紹介し、大学として来年から「ICAF」に参加する予定ですので、必要な条件を調べるためにフェスティバルディレクターと打ち合わせしました。東京と関西の大きい大学の学生作品に負けないようにこれから学生と頑張ってみたいと思います。

フェスティバルについて詳しい事を知りたい場合はホームページをご覧ください:
http://www.icaf.info

国立新美術館の入口からのビュー

国立新美術館の入り口周辺