これはホンモノ?!レプリカ制作

これらはすべてニセモノです。

2年生の授業、視覚デザイン基礎演習で行った立体描写( 制作期間3週間 )の制作をご紹介します。1年次の基礎造形実習で行った平面での質感表現を経て、今度は自然物の中からモチーフを選び、立体描写にチャレンジしました。制作と同時に、リアリティーを追求しているさまざまなアーティストの作品や商品サンプル、贋作を通して、リアリティーとは何かを考えていきました。

今回の作品制作では、ホンモノに近づける工夫や演出をすることによってホンモノを超えるために、各自が思いもつかないような独創的なアイデアで制作をしていた様子が印象的でした。演出をすることでホンモノに見えるもの、その逆で演出しないほうがホンモノに見えるものがあることも分かり、作品の見せ方についても非常に考えさせてくれた課題となりました。

今回ご紹介できなかった作品にも非常に興味深い作品があり、お見せできないのが残念ですが、今後オープンキャンパスなどで展示する予定です。